池袋M性感と危機からの脱却

風俗に行って人生の危機を見事に脱却したという男の話があります。もちろんそれはあなたの話であり、脱却したあとでどうなったかはまた別の話とされているものの、はっきりいってうだつのあがらない人生を送っていた男が、趣味の風俗に行きすぎてピンチに陥ったものの、やはり風俗に行くことでそこから回復してきたという話であるものの、そんな体験をしたといっても地が馬鹿野郎であることには代わりはなく、結局うだつのあがらない人生を再び歩みながら風俗に行く、ということを繰り返しているだけの話だともいえます。そうであってもあなたにとっては風俗に通うことは救い・日常・悩み・解脱という要素を含んでいることは否定のしようがありません。陳腐なたとえでいうならば風俗は人生そのものと言え、また洒落たたとえならば試合は終わるまで終わらないということになるでしょう。

風俗店に行き続けたことで陥った危機に、風俗に行くことで脱却するというこのパラドックス。これを簡単に解くならば、風俗に通い続けて散財する、しかし知り合った風俗嬢のヒモになって救われる、という図式であるといえます。これは男にとっては非常に望ましい状態だといえましょう。自分の金で風俗に通って性的な快感を得た果てに、今度は貢いでいたはずの風俗嬢が自分に貢いでくれるということだからです。風俗好きになってしまうとこの状態を「格好悪い」「世間体が悪い」などと考えることはなくなります。それならそれでいいじゃないかと考えて、堂々とその風俗嬢に金をもらって風俗に行く、もちろん同棲している風俗嬢とは無関係の店である、という結果になります。あなたは果たして何を考えて生きているのか理解されないということになりますが、それもそれで風俗を楽しむ人生であるといえるでしょう。

風俗嬢のヒモになって他の風俗を楽しむということは、男にとってまさに楽園といえます。その生活を今後も積極的に続けるべきです。しかしやはり釣った風俗嬢に餌をやることを忘れてはいけません。つまり今通っている風俗で新たなお気に入りの風俗嬢を見つけ、彼女にしっかりと貢いでもらい、そのお金で同棲している風俗嬢にプレゼントをするということです。これをヒモの自転車操業といいますが、そこまでできたら男として立派であると考える人がいることでしょう。社会人的にはただのクズ野郎であるといえますが、それがどうしたという姿勢であなたはまた別の風俗に通えばいいのです。これが風俗からの起死回生であるといえるでしょう。

そういった姿勢は池袋のM性感を定期的に利用したからこそ、身に付いたものと言えます。

関連記事

五反田M性感と働く環境

鶯谷M性感を選ぶポイント

五反田M性感とデリヘル

新宿M性感にはまるおじさん

M性感という風俗について

錦糸町M性感と客層