最高な六本木M性感

M性感ってご存知でしょうか?風俗店の業態の1つで、男性の方であれば1度は聞いたことがあるという方も多いと思います。現在の日本の風俗業界で、多数派ではないM性感は、風俗のお仕事をすることを検討中で、風俗業求人によく目を通すという女性でも、仕事内容とまでなるとあまりご存知でない方が多いんじゃないでしょうか。求人広告も、圧倒的デリヘルなどの方が多いですから。
M性感のお店では、原則女性が責めます。ですから、男性が受け手。ということは、イくのは男性のみが基本となります。風俗店のイメージは、男性が舐めたり、揉んだり、指を入れたりといったのが普通ですが、M性感は違うんです。女性が男性をイかせます。と書きますと、女性が男性器及びその周辺へ刺激を加えるもの、とお考えになるかも知れませんが、これもちょっと違います。男性器への責めもなくはないのですが、メインとなるのは“その周辺”。それもかなり特殊な部位。責めるのは、主に男性の前立腺やアナルです。アナルはお分かりですよね。前立腺は、言葉は聞いたことがあるような、といったところでしょうか。
前立腺は、男性にしかない臓器です。尿を一時的に蓄える器官のことを膀胱と言いますが、前立腺はその膀胱の直下にあります。クルミ程度の大きさで、尿道を取り囲んでいます。精嚢液を精子と混ぜ合わせ精液を作り、射精時には収縮します。また、尿の排泄機能も受け持っています。その前立腺は、肛門から性的刺激を加えることによって、快感を得ることが出来ます。責める側の女性は、男性の羞恥心にも心理的刺激が加えられるような言葉責めをすると共に、肛門から前立腺に指や器具を用いて刺激を与えます。器具には、アナルバイブ、エネマグラ、ペニスバンドなどがあります。前立腺は女性のGスポットに当たるとされ、ここを刺激することによる快感は、射精時の快感の100倍以上とも言われます。ですから1度これにはまってしまうと、男性はM性感の虜となってしまうのです。
このM性感が、性病が心配で風俗店の求人応募に、もう1歩のところで戸惑いを感じてらっしゃる女性にはお勧めなのです。例えばアナル責め。これをするときには、アナルバイブなどの器具を使用するのがほとんど。指ですることもありますが、そのときにはゴム手袋をするのが普通です。お客さんがどうしても手袋なしでと仰る場合には、行為の前にしっかりとした消毒を行えば良いのです。行為後にもきちんと洗浄しますので、性病の危険はないと言えるでしょう。またどうしても生での指入れが出来ない方は、その旨をお店に申し出れば、“この子は生での指入れはNG”という設定にしてくれます。これは、フェラなんかでも同様です。どうです?性病リスクなしのM性感の求人をお探しになっては。
噂によると、大阪の風俗がマニアックらしいですね。難波あたりには、風俗通が集まると言われています。難波って一風変わった風俗が多いようです。

わたくしとしましては週刊プレイボーイとか女性自身とか、むやみやたらに女性の裸が乗っている雑誌ですが、あれはむやみにありがたがるようなものではなく、自らのオナニーにあったものをそれぞれきっちり選び抜いて責任もって シコりつくすのが良いと思います。
信長か秀吉時代に生まれたあたりの春画家を天にましますとか我らが乳よとかおごそかなチャントでものものしいところに置いて拝んでいるようです。チン次郎とエロ本をつうじて対話をしようなどと思う所無くいきなり無条件ににトランザムライザー(GN精子をフル稼働させて勃起する。切ない・F・セイエキの得意技)しているのではガンダムはなかなか友だちになってくれないのです。お前がガンダムになるんやで。
 従来の世間は性器というと常人の意識しないところに美術があるかに見て取っているのですが、あなたがたは忘れがちなのですが、わたしたちのひとりひとりにまんことかちんことかいった性器はだいたいついている。だから性器の話はあなた方の日常に接続していることであって、その性器をどう扱うかというオナニーの話はあなた方一人ひとりの日常生活と全く同じことなのです。オナニーは生活です(手でろくろを回すポーズをつくる。WEBクリエイター御用達の例のポーズ)。
「性器のことは全然わからんね」
 なんと言う人がおりますが性器のことわかんないんだったらおまえおしっことかしないのかよ。するだろ。それとオナニーだって同じなのです。精子を出すかおしっこだすかの違いだけで。性器がわからなければ人生のことももわからない。人生がわからなければ性器を見たってわかりはしない。トートロジー(語義矛盾の意味。「巨乳のデカパイちゃん」など同じ表現が循環してしまうとまずい。Googleからタグ重複って怒られて瀕死の重傷になる)の観点から出発していますが、ちんちんというものがはっきり握れていないとその意義ある射精のしどころがわからないのです。あなたがたも女優のイクシーンで写生しようとして男優の尻の大写しで写生した悔しい経験があるでしょう。程度で言うと、そのオナニーの美しさの位置付けはどうなのだと言っても、なかなかそれが答えられない。TDNもTNOKもみなオナニーがうまいと言う。「じゃあ結局三人はどういう集まりなんだっけ? 窓際いって、シコれ。」と命令してみても、そんなガチガチに緊張した公開オナニーじゃ結局だれが一番うまいのだかわからない。でもさ、おれは言えるよ。俺がオナニー一番うまい。
ところが世の中にはオナニーや射精、風俗の価値を「価格」で定める人がいる。一番値の高い方法で射精する、たとえばオナホコキならTENGA使う、風俗行くなら高級デリヘル行く、みたいにお金は使えば使うほど一番素晴らしいとして安心しているらしい。これは現在オナニーしている人にはいろいろ事情がありますから「射精価値は金額でははかれないぞ」と頭ごなしには言えないものでありますがゆえに、そこで事が面倒になるのですが、ちん次郎とかはそう大げさに考えないで、出した精子の量でそのときそのときの射精を格付けしていく。今日の射精、星3つです。
 京都の東本番寺のチン主は時々脱線して路上で素股プレイなどした発狂している人でありまして、京の祇園あたりにシコリ暮しして朝早くちんぽがギンギンにいきりたったあばれうまの馬車でおうちに直帰でブワーっと帰って来てシャワーあびてガーッってシコってソッコー寝るのが常習でありました。本番寺のチン主というと中出し宗教家(中出し以外はセックスとみとめない。つまりかれの理屈で言えば中出しさえしなければ嬢のまんこにおちんちんつっこんでも本番にはならないし出禁もくらわないって理論武装。にんげんのくずだな)でありますがその実宗教家でも何でもありません。
この頃の風俗坊さんは淫らに犯若チン経をあげたり、仏さまの前で朝から何やらちんちんをおこすりあげになられたりするけれども風俗学者じゃありません。その人々の一人として法主がおもしろいかくさい匂いをさして毎朝祇園の町から馬車でいかくさく帰って来たものです。
「とてもいかくさい」
「この金縁オナホが何とも言えぬ」
「このオナホの活造りが何とも言えぬ」
 何とも言えぬ何とも言えぬばかりだちくしょうめ。無言で射精するのですかれらは。オナニーはそれくらい深淵で、深淵なのは確かなのですがそれ以上にわかりにくいものと決めこんでおるし、またそういうふうにオナニーを観る性教育を茶の上で受けて来たのです。
高の知れたことを風俗初心者という者は勿体らしく言うに決っているのです、やれどこの風俗嬢がかわいいだおっぱいおおきいだヌケるだ。ほんとうに愚かですよ。風俗嬢はかわいくておっぱいおおきくてヌケてあたりまえなんだ。本当の風俗狂いは、完成すると、風俗嬢がスタイル顔サービスすべてさいあくだとしても、自然に射精するのです。風俗にいけば射精する、当然の仕組みを体現する、この世の摂理たる存在となるのです。
特に六本木のM性感は最高だという声が強いです。

関連記事

鶯谷M性感を選ぶポイント

池袋M性感と危機からの脱却

五反田M性感と働く環境

M性感という風俗について

錦糸町M性感と客層

日暮里M性感風俗と背徳感